妊活

9w 心拍停止の稽留流産 手術とその後

6月21日の月曜日、初めての妊婦健診に行ってきました。
初めて母子手帳を持って、いつもはつけないマタニティマークをカバンにつけて、ドキドキしながら診察を受けたところ、心拍が止まっていました。

記録のため、記事にすることとします。

稽留流産の診断

エコーで2頭身の姿が見えて、可愛いなと思ったんですが、今まで見えてた心拍の点滅がないことにすぐに気が付きました。
まったく動かない赤ちゃん。

女医さんが焦ったように何回か位置を変えてエコーしてくれましたが、心拍は確認できず。
「心拍が確認できません。体に浮腫みもあるので、今日止まった訳ではなく2.3日時間が経っているようです。
・・・お亡くなりになってます。」

エコーを見つめながら呆然としました。
正夢になってしまった、そう思いました。

実は前日昼寝してる時、心拍が止まってしまった夢を見たんです。
泣きながら起きて、すぐ夫に話して、「よし、話したから正夢にならない大丈夫!」と気持ちを落ち着かせたんですが、モヤモヤは残ってました。

赤ちゃんが、私が驚かないように事前に知らせてくれたのかな なんて思いました。

別室に移動させてもらい、夫や家族に連絡しました。
LINEを打ってる途中で実感が湧いてきて。

そのあとの女医さんの説明はほとんど頭に入ってこず、泣きながら帰りました。

夫も午後には帰ってきて、2人で呆然としながらハンバーガーを食べました。

初期流産は胎児要因がほとんど。
お母さんは悪くない。
生活のせいじゃない。

1度目の流産でも聞いた話でしたが、2回連続の流産となると、不育症の疑いもあります。

なにより、2頭身の可愛い姿が見れるようになって名前まで決めて、ベビーベッドが必要だね とか夫と赤ちゃん本舗に見に行ったりしちゃって、まだ2センチの小さい赤ちゃんなのに、家族を喪失した気持ちになってしまいました。

死んじゃってると分かってるのにまだお腹の中にいることが嬉しい とすら思いました。

翌日:再受診

当日は気が動転して、今後の話を聞けなかったので翌日改めて病院に行き、夫とふたりで説明を受けました。

■自然排出と手術について
・自然排出でも問題ないが、いつどの位の出血量や痛みがあり排出されるかが不明
・外にいる時や一人でいる時に出血しパニックになり救急車を呼ぶケースもある
・手術の場合、子宮内操作があるので傷つく可能性はある
・大岡山ウィメンズクリニックにベテランの手練の先生がいて安心出来る
■絨毛検査について
・絨毛検査を行うか選べる(10万円)
胎児の染色体を検査し、流産要因を調べる
・ただし、原因が分かったとしても打ち手はない。胎児に染色体異常があった場合、偶発的なものと考えられる。異常がなかった場合は両親の染色体異常が想定される
・母体の不育症検査は別の医院で実施可能
要因によっては投薬など処置が可能

夫がメモとってくれてたのでありがたかった。。。

結局、大岡山ウィメンズクリニックで手術し、絨毛検査はしないこととしました。
回復したら不育症の検査をしようと思います。

大岡山ウィメンズクリニック

診察後手術日を決定との事だったので、金曜日に診察に行きました。

小さなクリニックですが、清潔で受付の方の対応も丁寧。

待合室にいたら、可愛い赤ちゃんがいて思いがけず涙が止まらなくなりました。
羨ましいとか、見るのが辛いとかじゃなく、ただただ可愛いなぁと思って見てたんですが、、。なぜあんなに泣いてしまったのか不思議です。

診察室に入って、目を腫らした私を見て院長は驚いたようですが、問診票を見て
「2回目か、辛かったね」と言ってくれました。
さらに涙止まらず。
嗚咽で過呼吸みたいになりながらエコーしてもらいました。
「一緒に次のことも考えよう。またすぐ妊娠できるようにより慎重に手術するからね!
大丈夫!子供できるよ!」
と心強い言葉をくれました。

この病院にしてよかった。
なんと採血から点滴まで院長がやってくれます。

手術は掻爬手術プラス吸引法。
今でも総合病院に呼ばれ手術を執刀することもあるようで、安心出来ました。

手術当日

手術日が決まったのが金曜日で、手術当日の月曜日夫が出張だったため母が病院まで付き添ってくれました。
帰りは親戚が車で迎えに来てくれました。
いつもは暑苦しいとも感じる大家族親族ですが、こんな時は本当にありがたいし心強い😭

まず消毒と前処置をしました。
前処置は子宮口を広げるので痛い。。。卵管検査にも似ています。
ズーンと子宮に響く痛み。
でも、2回目だからか院長の腕なのか前回よりは痛くありませんでした。

その後ベッドで休み、2時間後に手術開始。

麻酔効いてきたなぁと思ったところで、目が覚めたらベッドでした。
いつ運ばれたのか?自分で歩いたのか?全く記憶がありません笑

下腹部に生理痛のような鈍痛がありましたが、麻酔でぼーっとしあまり気になりませんでした。

とりあえず旦那にミスタッチだらけのLINE。

しばらくすると看護師さんがハーゲンダッツを持ってきてくれました。
こんなサービスあるの?!
朝から何も食べてないので、すごくありがたかった。
バニラの甘さが疲れた体に沁みる。。。😭

その後内診、消毒後実家へ帰宅。

当日は頭がぼーっとするし出血もありましたが、翌日は痛みも出血もほぼなく元気になりました。

さいごに

不思議なもので、流産と分かった日は、亡くなっちゃっててもお腹にいる赤ちゃんと離れるのが寂しいと思ってたのに、今は少し気が軽くなったような気がします。
これから体が回復しようと動き出すんだろうな。

色々あったなぁ。結婚してすぐの妊娠、心拍が確認できず流産。焦りだした妊活。会社を休職し半年間の不妊治療。会社に復帰し2年目で不妊治療再開、体外受精を2回も着床すらせず。そしてまさかの自然妊娠と9wでの稽留流産。
よく頑張った自分、偉いぞ。

そして、親戚といて気づいたことがひとつ。
シンプルに捉えよう ということです。

手術のあと実家で休んでると、親戚が毎日お見舞いに来てくれて果物やら葉酸サプリやらくれます。
うちの親戚はみんな子沢山で、お母さんは7人兄妹だし、みんな2.3人産んでるからか、私を励ましてくれつつあちこちの孫の話を楽しそうにして帰ります。
無神経だ!と思った時期もあったけど、それだけおおらかなんだよなぁ、と思ってめそめそしてるのがあほらしくなります😂
考え方がすごくシンプル。
あそこの孫はあそこの孫。あなたはとにかくしっかり休んで沢山食べて、絶対すぐ子供できるから大丈夫!っていう。
なんだかそのおおらかさが有難いし、1人で心を閉じてちゃダメだなぁと思いました。

辛い1週間だったけど、家族のおかげで前を向けるようになってきました。

今度供養をしたら、また子宝祈願に行こうと思います☺️

赤ちゃんが欲しい全ての人に元気な赤ちゃんが産まれてきますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA