妊活

フライング検査で陽性となるのは生理予定日何日から?化学流産とは?

妊活をしていると、生理予定日付近にはそわそわして、いつもと体調が少しでも違うと「まさか?!」と期待してしまいますよね(>_<)

私もまさにそれで、今月はついついフライング検査してしまったのですがうっすら陽性でした!
ただ、すでに生理前の症状と出血があるため今回は化学流産のようです。残念です(;_;)

今月の結果は悲しいですが、せっかくなので自分の経験を紹介したいと思います!

今回フライング検査でうっすら陽性が出ましたが、初めての経験で、「これはどういうこと?!」とネットで検索しまくったところ、検査薬の画像など参考になる情報が足りなかったので、せっかくなので同じように不安な気持ちになってる方の役に立てればと思います (*^-^*)

フライング検査とは

フライング検査とは、「本来の妊娠判定可能日となる生理予定日1週間後 より前に妊娠検査薬で検査をすること」

私は二年前に流産してから中々子宝に恵まれず、そろそろ体外受精も検討しているアラサーです。

生理予定日当日の5/7に、めまいがひどくいつもの生理前の下腹部痛と違うような痛み(ちくちく、張る)があったので、フライング検査したところ、判定窓にうっすら陽性が出てびっくりしました。

一般的な妊娠検査薬は、「生理予定日一週間後から検査可能」と記載されていますが、実際には受精卵の着床時に分泌されるhcgホルモンが検出されれば陽性になるため、個人差があるようで早い人だと生理予定日前に陽性となることもあるようです。

私はその後5/8、5/9、5/10と毎朝検査しうっすら陽性のままでした。

ご参考までにうっすら陽性の画像です。

画像1

検査薬はドゥーテストクリアブルーを使いました。

5/7、5/8、5/9は薄めではありますがはっきりと線が確認できました。
5/10は、画像だとよく見えないくらいうっすらとした線でした。

hcgホルモンの濃度が低いのかもしれませんが、
いくつかブログを読むとクリアブルーは感度が低めなようです。

ドゥーテストのほうが見やすかった!

仮にこの時点で着床してたとすると、最終月経開始日が4/8だったので、4w1dで妊娠検査薬が反応したことになります。

化学流産とは

妊娠検査薬での妊娠判定可能日を生理予定日一週間後としてるのには実は意味があります。

hcgホルモンが検出され陽性となったとしても、実際に病院で妊娠が成立したと確認できるのが6wあたりと言われているためです。

6wあたりとなると、子宮内に赤ちゃんが入る胎嚢という袋が確認でき、そこで無事妊娠成立となるのです。

この胎嚢ができる前に、着床が定着せず生理が来てしまうことがよくあるようで、それを「化学流産」と言うらしいです。

この化学流産は、フライング検査をしなければ、生理がちょっと遅れたなーと思うくらいなのでフライング検査をしたために、せっかく着床したのにだめだったんだ。。。と気づいてしまうこともあるようです。

今回の私はまさにこれですね。。。m(__)m

フライング検査はやめた方がいいか?

これはあくまで個人的な意見ですが、フライング検査ではじめて陽性になって、やめておけばよかったと後悔しました。

フライング検査して陽性だと分かったところで、そこから1週間は病院にも行けませんし、ちょっとした腹痛や出血におびえ不安で不安でたまらなくなりました。

毎日ネットで検索し、ストレスになっていたと思います。

また、仮にフライング検査で陰性だったとしても、検査が早期過ぎるためhcgホルモン分泌が少量だったために陽性反応が出なかっただけの場合もあります。

そうすると、本当は妊娠しているのにお酒を飲んだりしてしまう危険性もあります!!

決して安くはない妊娠検査薬を何本も無駄にすることにもなりますしね。。笑

ぐっとこらえ、生理予定日一週間を待つのが良いなぁと改めて感じました。

さいごに

妊活しんどいこともありますよね。
とくに生理前の時期は気持ちが落ち込みますが、今自分にある大切なものに目を向けて毎日を楽しめたらと思います。

望む人、みんなに赤ちゃんができますように☺️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA